CHP

CALIFORNIA HAWAII PROMOTIONS

OKANO NORIHIKO

PROFILE

1956年、東京両国生まれ。物心ついたときからサーフボードに乗っていた。18歳で日本初のプロサーファーになる。当時、日本のサーフィンにはプロが存在せず、NSA(日本サーフィン連盟)の働きで全日本トップクラスから数人の選手が選ばれ、プロとして活動するようになった。 日本チャンピョンとなった1978年には、ASPの前身IPSよりオーストラリアで行われる世界選手権に、日本のプロサーファーとして招待され、バーレーヘッズで行われたスタビーズというビッグコンテストで当時の日本人最高位の9位入賞などと輝かしい成績を残した日本のレジェンドサーファー。 現在は、CHPにてサーフィンスクールの講師を勤め、年齢、男女問わず誰もがサーフィンや海と親しめるようサポート。